オーガニックコスメを個人輸入する際、ネックになるのが送料。
重量帯によって送料が設定されており、たとえば1kgまで=1000円・1kg~2kgが2000円という
設定だと、1kgを1gでも超えると2000円かかってしまいます。
つまり、安くて重いものを買う方が送料が割高になる。高くて軽いものほど安上がり。

同じ価格の送料なら、上限重量ぎりぎりまで買いたいと思うのが庶民のサガであり(笑)。
だってそうすれば1つあたりの送料が安くなりますからねー。
しかし高いもので調整しようとすると、それが初めて使うものだと合わなかったら嫌。
自分が使うものをまとめて買うので、あと1つでもクリーム足したら送料オーバーとか、
税関で消費税取られる額になってしまうとか、そういう微妙な状態が多いです。
小さくて軽いものが調整に向いている。で、私はよくリップバームを買うんですが、
どうやら@を見てると皆考えることはやっぱり一緒らしい(笑)。
クチコミで「送料調整のため買いました」という記載が結構多いです。

リップバームはスティック型なら大体300円くらいなので、もし失敗してもまあいいかと。
ジャー型だとちょっと高いけど、テクスチャや付け心地でいうならジャー型の方が好きです。
ジャー型は指でとると不衛生だっていうけど、唇にじかにくっつけるスティック型だって
充分不衛生だと思うんだが。見えないレベルでも唇の皮の残骸やらホコリやらが
ついたままでスティックは収納されるんだし、不衛生度合いは大差ないんじゃね?
勿論指先の方が雑菌は多いですが、オーガニックもののジャー型リップを使う人間は
綺麗に洗った指で取るorヘラを使用する=手間を惜しまないタイプが多いと思う。

ちなみに現在、私が気に入っているジャー型リップバームはハウシュカです。
薔薇の柔らかい香りと、クリーミィかつ濃厚、でもべたべたはしない付け心地が◎。
スポンサーサイト



2010-09-29 : Skin Care :

ネイルアートに使う絵の具、リキテックスの基本色セットを買おうと思いつつ、
いまいち気になるのが、リキテックスの絵の具のミョーなねばっこさ。ゆえにまだ未購入。
そりゃ薄めりゃさらっとしたテクスチャにはなりますが、同時に不透明度も落ちるわけで。
しかし原液のまま少量だと伸び悪いし、かといって絵の具を多く筆に取って描くと
ねばっこさ故、線の両端の微妙に盛り上がり、真ん中が薄くなるという嫌な現象に。
これじゃあ目的である超繊細な線が綺麗に引けません。うぐー。

もうちょっとさらっとした液質で、いいのがないかと再検索してみました。
したらば、「ポスカだと液質さらりで細い線が引けるし、
アクリル絵の具より発色がいいから使いやすいよ」というブログ記事発見。
・・・・ポスカって、あの小学校とかでよく使うアレですよ。
フェルトのペン先を紙の上でノックすると液体が出てくるアレ。ちょっと驚いた。
でもどうやら、ネイルアートにも使えるんだそうです。

記事を書かれていたひとのアート、確かにアクリル絵の具ではここまで極細&はっきり発色な
描画はできないだろうという繊細なレースが描かれていました。
なるほど。確かに記憶にあるポスカのインクはさらっとしてたな。
というわけでこれはないと困る、という超基本の色を楽天で注文です。
10本までメール便可能ってとこが一番安かったので・・・・(笑)
黒・白・赤・青・黄・金・銀・茶・緑・黄緑の10色です。
できれば紫と水色も欲しかったが、まあそれは今度でもいいや。
とりあえず黒白&3原色は絶対必要だし、描画頻度が高い植物に必須な緑&黄緑、
枝や葉っぱの陰影にも混ぜて使える茶。金&銀もアートには必須でしょう。

問題はトップコートか。ポスカの上に塗るとポスカが溶け出してしまうものが多いらしいんで、
もし手持ちでダメならエアブラシ用のトップコートを買う必要があります。
買うなら青光りしないJurry NaiLのトップコート。己メモ。
2010-09-19 : Nail :

【返信】
>青藍さん
こちらこそご無沙汰してます!月末は出張だそうで、お疲れさまです~。
以前福島に行きましたが、東北弁の抑揚&発音のままイマドキの東京弁で会話する人々に
もの凄い違和感(どこ語だそれは!どっちかにしろー!的な)を感じた記憶があります。
朱雀のイイ匂い成分の内訳は、きっとアロマ+中性的無自覚フェロモンではないかと。
お盆に描いてたもので、そういえばブログにアップしてなかったなと今更気付きました(笑)。



PCを買い替えてから、エクセルがすぐエラー→強制終了しやがります。
多分、バージョンが古い(10年くらい前の)から窓7じゃ使えないんでしょうね。
とはえいえソフトを新たに買うとなるとン万します。
家で私が使うエクセル機能といえばほんのちょっとだけ。そんなものに金は出したくない。
しかし、いざないとなるとすこぶる不便。( ̄^ ̄)
何に使ってるかというと、手作りコスメのレシピ作成と個人輸入する際の価格チェックです。
簡単な式しか使わないんだから、エクセルもどきのフリーソフトはないかと探してみた。
ありました。OープンOフィス。かなりのエクセルそっくりさん(笑)。
画面もほぼエクセルですね。感覚的に操作がしづらいとこもあるけど、まあOK。

あと、あると便利なのが画面キャプチャソフト。私はこの二つを愛用してます。
(キーボード上のプリスクだと全画面コピーしかできないのであれは使ってナイ)

■その1 ttp://www.craftec.co.jp/captureit/toolbar.html
矩形キャプチャすると自動的にファイルが保存されるタイプ。
ただしIE上のツールバー機能なのでIE画面内しかキャプチャできません。
ウィンドウを閉じるとクリアされちまう買い物カート内容とか、コスメ情報とか、
とりあえず画面データをそのまんまでいいから保存しときたい、って時には便利。

■その2 ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se039405.html
自動的に保存されることはないが、クリップボードにデータが転送できるタイプ。
フォトショで作業するときは2に限ります。コピペに便利。
1とは違って、IEは関係なしにどこでもキャプチャできます。

正直いうと、両方の機能があるCャプチャーイットPロが一番便利。(会社PCに搭載)
あれにそっくりなフリーソフトもあったので以前使ってましたが、
窓7になったら稼動すらしてくれなくなりました・・・ゆえに仕方なくソフト2つ使いです。
2010-09-18 : Other :


久しぶりに服買いました。
今年はOzz Onesteの夏セールにいってないので、多分1月に買ったきりかな。
今回もその1月に買った時と同じ店で購入。ベアワンピとドレーブワンピ。
オリーブグリーンの色と、ミリタリー+植物柄+部分的な箔加工+スパンがツボ。
ベアは勿論、そのまんまでなくボレロ+トレンカで着ますよ(笑)。
ドレーブは全体の色合いが好みです。部分的にタックが入ってるのもいい。
(色違いで紫もありましたが、ばーさんくさい色合いだったので却下)
私はSサイズだと上半身がきつい(肩~肋骨が立派な▽体型/爆)ので
上下セットやワンピの場合はMサイズです。下半身はゆるいけど、Sで上びちびちよりはまし。
ジャケットの肩パットは絶対外すよ。縫いこまれてたら端から裏地をほぐしてでも外す(笑)。

BCE、8/30オーダー→9/2発送メール→9/9木曜無事到着~。(`∀´)
発送から1週間で来ました。税関スルーできる金額だとやっぱり早い。
今回買ったのはほぼリピートですが、初買いのアルバのサルバダームは気に入った。
もっとべったりしたバルサム(バーム)みたいなのかと思ってたけど、
しっとりするのに肌なじみがよくて軽いテクスチャなのがいい意味で意外。
ただ難点、なんかクサイ(笑)。塗ってしまえば分からなくなる程度ですが、何の匂いだろうコレ。
今までかいだことのない匂い。とはいえザクロオイルの悪臭に比べりゃ可愛いレベルです。

アロヴィヴィの納豆化粧水。肌に無害、ってだけでなくちゃんと効果がありました。
しっとり→毛穴縮小→顔色明るく→手触りもふくふく方向に上昇ですよ。すげえ!
しかし800円弱の化粧水でこんだけの効果が実感できると、今までの散財がばかばかしくなります。
納豆化粧水が効いた=納豆エキスが効いたわけだから、
納豆エキスとイソフラボンのコンビで美容液を作ろうと思案中です。
芳香蒸留水+納豆エキス+イソフラボンエキス+セラミド溶液あたりで。
ぶっちゃけ、化粧水と美容液の呼び名の境目がよくわからん(笑)。
整えるのが化粧水で、保湿とともに有効成分を入れるのが美容液、らしいけど。

何使ったとしても、要は水分+オイルがきっちり足りていればいいわけですよ。
このふたつがどちらかでも不足すると、肌が衰えたりトラブルがでてくる。
メカニズムは簡単っちゃ簡単ですな。
2010-09-10 : Skin Care :


絵柄が透けないよう、自己流の対策を考えやってみたのが↑コレ。
そもそも、転写シートは印刷した表面に粘着シートを貼り付けて使います。
つまり印刷した表面=粘着面になり、結果的に爪に貼り付く側になる。
(だから希望の絵柄を左右反転させて印刷しとけとパケにも記載がある)
印刷した表面の絵柄部分をリキテックスの白で塗りつぶし、その後粘着シートを装着。


爪に貼り付けてみたら、おー成功!ちゃんと印刷した絵そのままに、
裏側に白塗ったから淡い色もベース色に重ならずでてる。
ただ、水を多く入れてリキテックス溶いたら印刷面から色がにじんで混ざりました。
ちょっと水がついたくらいじゃにじまないけど、筆による摩擦が加わるとダメっぽい。
水なしだと滲まないから、水使わずに専用のメディウムで薄めつつ使えばいいんだろうな。
混ぜる量に制限がないスロードライブレンディングメディウムあたりがよさげ?
ただ超細い部分はきっちり塗るのが難しい。何せ台紙が白だから見づらいのです。
印刷色と近い色なら多少はみ出しても目立たないから基本色セットだけ買っとくか。
拡大で見るとよく分かりますが、ベースに白を塗るか塗らないかで
爪に貼った時に出る色が全然違います。緑なんかベースに白がないとただの黒。
ライトつきのスタンドルーペが欲しい。こういう時アナログ作業は不便です。

シール貼り付け後はキャンメイクのトップコートを1度、
その後セシェをたっぷり×3度塗り。速乾だから3度塗りもストレスにはなりません。
きっちり塗って貼れば、市販のシールよりどー見ても仕上がりはいいと思う。
柄はCGだから勿論精巧だし、安上がりだし、段差は相当凝視しないと分からないし。
同じものをアナログで描いたとしても、毛より細い線が描けるフォトショの描画機能には
どうあがいても敵いません。筆先より細い線を引こうってのが物理的に不可能だ(笑)。
2010-09-05 : Nail :


ちまちまネイルシール作成。
画像は縮小してます。元はハガキサイズ印刷用に作ってあるのでもっとでかい。

十五夜さんの素材と、フリー写真素材と、普通に自作の柄が混在してます。
十五夜さんの素材は切り抜き&縮小&色調調整くらいで済みますが、
写真素材は描き足したりしないといかんので少し加工に時間がかかる。
プリンタのインクが不透明なものがあれば文句ないんだけど、
こればっかりは家庭用印刷機では到底無理(笑)。

爪に塗っているラッカーの色が透けたほうがいい柄もあれば、
やっぱり透けない方がいい柄もあります。
かといって転写シールの白地を使うと柄以外のところが邪魔。
(土台が厚紙だから、トーンカッターで細かく切り抜くのも無理)

柄部分だけが不透明になってくれるのが一番いい・・・
んー・・・一応策は考えてみたのでちとやってみます。作業続行ー。
2010-09-04 : Nail :
ホーム

Profile

About Me : Shiki
My Blog : Sukihoudai


HN:シイキ
管理人&ブログ&ツイッターについてはAbout Meのカテゴリのポストをご覧ください。ネイル写真は基本的に、オフする直前=塗ってから一週間後に撮っている為先端がハゲ気味です。

Other

ご自身のブログやサイトからのリンク及びリンク解除に関してはご自由にどうぞ。ただしアダルト系やフェチ系のサイトやブログからのリンクは断固お断りです。そっち系と思しきコメントは即削除してコメ禁&アク禁リスト行き。

Archive