ZOYA : Paloma
Darling Diva : Carrie
OPI : Pamplona Purple

PPをベースに、上からCarrieを塗るだけのつもりだったんですが、
なんか色がばらばらとしてて、統一感がない&ひねりがなくてつまらない。
色がばらばらと見えるのは多分、グリッターの色が寒色暖色MIXなせいだと思います。
特に緑の光り具合が、私的感覚だとベースの赤紫とど-も合わないように見える。
私はベタ塗り&長い分面積が広いからこそ、あくまで“色”にこだわります。(・∀・)Ψ

んで、色のトーンを揃えるならジェリーサンドイッチかなー、と
Palomaをひと塗りしてみたら、私的に正解でした。
オーロラのうち、オレンジ系はレッド系へ、
アクア系はロイヤルブルー系へ、グリーン系はアッシュブルー系?へ変化。
グリーン系は特に変化が大きかったです。緑の色自体が殆ど分からなくなった。
近くでよく見ると、「あ、この角度だとちょっと緑だ」と分かる程度。
Palomaが上からかぶさった分、グリッターのきらきら感は半減してます。
でも、奥行きと色の統一感が得られたので、私はこの方が好きです。

にしても入ってるグリッター全部がオーロラ系の大小なので、メタリック系ほど
コントラストが強くない分写真映えしないし、どーもピントが合いづらいな・・・。
実物もうちょいグリッターの色がはっきりしてるんですが写真だと分からん。
要するにこれをちゃんと写すにはそれなりの腕前と機材が必要なんだろうよ(笑)。

綺麗だけど角度や光源によってはグリッターがさほど見えずおとなしめなので、
PP→Carrie→Paloma→Carrie→Palomaにしたほうがよかったかも。
今回はPP→Carrie→Palomaとそれぞれ1度塗りでしたからねえ。
2度になればグリッターの量も倍になるので、私的にはちょうどよさそうです。

ZOYAのPalomaはジェリーカラーなので、
1~2度塗り程度で「フリーエッジが隠れない」とかぶーたれるのはお門違いです。
(同コレクションの他2色、KatherineとFridaも同様)
単色4~5度塗りでジェリーの透明感と色の深みを楽しむか、
1~2度塗りでレイヤード用として使うか、のどっちかの用途だと思います。
ZOYAも日本代理店あるんだからジェリーに馴染みのない日本人向けに
使用例を写真で紹介すればいいのにねえ。不親切だなあ。
メリケン公式では、ジェリーサンドイッチもここでちゃんと紹介されてました。
スポンサーサイト



2013-03-30 : Nail : コメント : 0 :

クリームカラーではっきりした発色のティールが欲しい。
・クリームカラー=つまりシマー一切なし
・くすみなしor少なめ
・白っぽさなし
・アクアブルーかターコイズっぽくも見えるようなライトな色は×

これがなかなかありません。いいと思うと必ずシマー入っててさああ。
理想はNubarのEarthのシマーなし版なんだけど、ないんですよねええ。
シマーなしだとどーもくすんでたり、白っぽかったり黒すぎたりで。
OPIのFlyがいいかと思ったけど、アクアorターコイズ系なのでやめ。
ターコイズじゃないの。あくまでティールグリーンなの欲しいのは。
China GlazeのExotic Encountersはくすみ過ぎだしなあ・・・。
NubarのMystiqueが一番近いかなあ・・・。
しかもティール系って写真写りがばらっばらなので選びづらい。

ところで前回の塗装。
オフしたらとんでもなく色素沈着してやがりました。(ー_ー)
Appleのベース色は薄いので、どう考えてもPaper Chasingの方だと思う。
カビ生えたみたいな全面薄黄緑色がまったく取れません。

フェアウェルとOPIのリムーバー来た。店側の手違いで発送が遅れたらしい。
リムーバーのポリタンクは思ったより小さかった。横15×縦20×厚5くらい。
フェアウェルは1・2週間で効果が見え始めるようですが、さてどうでしょうね。
つーか容器可愛いけどスポイト型は使いづらい。コテンと倒さないよう注意せんと。
成分からして甘ったるい系は入ってませんが、香りはティーツリーです。
「消毒薬っぽい」と言ってる人が多いけどね、
ティーツリー(asメラルーカ)を知ってれば一発でそれと分かる香り。
2013-03-24 : Nail : コメント : 0 :

PSYCHO-PASS。
終わったわけですが、うーん。正直がっかり。
きっとどんでん返しがあるんだろう!と思ったけど、何もなかった。ちーん。
一言でいうなら、ヌ ル す ぎ る。

まずせっかく盛り上がってきた15話あたりから作画が安定しなくなった。
特に最終話であの乱れっぷりは致命的でしょう。
最終話の冒頭と槙島のENDシーンなんかまったく別物ですよ。
個人的には最終話の冒頭の作画は老けぎみ&ドぎつめで好みだったが。


とはいえ、勿論作画だけではここまで評価を落としたりしません。
そもそもが絵で見せるよりは話と構成で見せる、見せるべき作品だと思うし。
廃線になった銀座線エリアで狩ゲームしてたとこまでは構成も作画もよかった。
見ているこっちも手に汗握り、ぞくぞく感が病み付きでした。
でも槙島が捕獲されて以降、どう見ても話も構成も作画も明らかにレベルダウン。
尻すぼみ感が残念でなりません。槙島も私の目には不発にしか見えない。
槙島にはもっとド外道を貫いて爆走してほしかった。
それこそナノタワー爆破でもろともに死亡、かつカウントダウン中には
紅茶しばきつつ本を読むくらい
のレベルでかっ飛んでくれたほうがよかった。

つーか最終話のぎのやんの口調がなんか気持ちわりいよ(笑)!
しおん姉と弥生ちゃんの肉体関係には目ぇひんむいた。Σ(@д@)
あれがある意味では予想のつかなかったどんでん返しでしょうかね(笑)。
2013-03-22 : Other : コメント : 0 :


ZOYA : Apple (1coat)
China Glaze : Paper Chasing(1coat)

2枚目はわざと逆光気味に撮ったので実物より暗く写ってますが、
シマーの感じは分かりやすいかと。何せキラキラ反射して撮るのが難しい。
Appleはすごくシアーで多分3度塗りでもフリーエッジが透けそうです。
かといってこのテのシマーはあんまり密集しすぎると美しくなくなる。
何でもギラギラすりゃいいってもんじゃない。ゆえに一度塗りに留めました。
黄緑の派手シマーですが、ただギラギラじゃなくて少し虹色がかってます。
多分オーロラシマーも混ざってるんでしょう。ちらちらキラキラ綺麗な色。
虹色がかってるのは案の定写真には写せませんでした。
多分、よくある黄緑より緑が強い(黄<緑)傾向の黄緑じゃないかと思います。
しかしどうあがいても、こりゃー青リンゴの黄緑じゃないぞ(笑)。
手持ちで一番多いのが緑なので他にもいくつか候補があがりましたが、
ちゃんとAppleのボトル色が出た=ベース色はPaper Chasingで正解かな。

スタンプに使ったのは、キャンメイクホワイトとChGのJolly HollyとPassion。
蔓薔薇っぽいのにしたいなーと思って柄を組み合わせました。
キャンメイクの黒と白、一度塗りでぱきっと発色するというレビューが
多かったのでひょっとしてスタンプ向き?と買ってみたら大正解。(・∀・)
まさかキャンメイクのがスタンプと相性いいとはね!灯台下暗しってやつだ。
そんな粘度高くないのにぱきっとした濃さでスタンプしやすいです。
黒と白以外のクリームカラーがどうかまでは分かりませんが。

小指と人差し指にだけPassionで葉&蔓っぽい別の小さな柄を
最後に足したんですが、これいらなかったかも・・・。
Appleの色と近いから、このくらいアップにしないと柄がよく見えない。
やっぱスタンプに3色以上使うと何となくまとまらなくなります。
私のセンスでは2色が限界(笑)。ベースに塗ってるラッカーの色の主張もあるし。
2013-03-21 : Nail : コメント : 2 :

ラッカーやトップコートにぼちゃんと混ぜ込んで長時間置いたりしなければ
耐溶剤でなくても平気だろう、と思ってたんですが、
どうやらトップコートの種類によってはグリッター表面の着色塗料が溶けるようです。
今回使ったグリッターは特に耐溶剤(SOLVENT RESISTANT)の記載がないもの。
最初に試したのデュカートのアート長持ちトップコート。
さらっとしてて乾きが遅い=グリッターMIXにはちょうどいいと思って。


http://item.rakuten.co.jp/beach8002/gritter-vol1/
中に入ってるうち1mmくらいのヘキサゴンの色だけがやたらと溶け出す。

http://item.rakuten.co.jp/nailsupply/10001347/
溶け出しなし。

予想外に色が溶け出したので、ちと考える。
どの成分が色を溶かしているのかなんて、素人かつ文系の脳では予想もつかん。
ふと、3Free【トルエン・フタル酸ジブチル(DBP)・ホルムアルデヒドなし】の
トップコートだったらいけるか?と思って、次はポシェで試してみました。

結果、ポシェOK!(・∀・)b
だーっと色が溶け出していたグリッターからも、今度は全く溶け出しなし。
しかし3Freeだからというわけではない様子。
というのも、手持ちのほかの3Freeトップでも試してみたんですが、
他は程度の差はあれど溶け出した。


【他社トップ使用時の溶け出し具合】
inmアウトザドア(3Free)→やや溶け出す
キャンメイク→溶け出す
Nubarトップ(3Free)→盛大に溶け出す(笑)。デュカート以上。
Gelous→溶け出す
やっぱり上でも書いた1mmヘキサゴンの色だけが溶け出すんだよなあ。
意外にもでかいヘキサゴンや小さなグリッターは見た目には溶けてません。
スクエアはどのトップでも溶け出さなかったので、どうやら耐溶剤のようです。
しかしポシェは厚みが出る速乾トップだからちょっと操作しづらい。
薄め液入れても平気かなあ。そのへんも要実験だわー。

レインボー加工なしの通常メタリックカラーで、
スクエアの3mmくらいのでかい耐溶剤グリッターがほしい。
どーも楽天だと見当たらなくて、Estyで発見しました。
0.125インチ=約3mm。理想的!なんだけど、容量みて迷う。
容量:1オンス=約30g。・・・そんないらん(笑)!!少量で色選べるセットくれ。
2013-03-20 : Nail : コメント : 0 :

下の記事で書いた白いもにゃもにゃ部分、どうやら爪甲剥離症みたいですね。
ちょっとここだけでも集中的にケアしようと思います。

んで、さっき楽天でスパリチュアルのフェアウェル買って来ました。
ついでに、そろそろ買おうと思ってたOPIのリムーバー980mlも。
リムーバーだけだと送料無料にならないなーと思っていたのと、
クーポン&ポイントで約900円割引&ポイント3倍デーだったのでちょうどいい。

しかしフェアウェル高いねえ。安いとこでも1500円台ってさあ。
中身見ると、要するに消毒&消炎機能のある精油のブレンドじゃね?と思いますが(笑)。
まあでも個別に精油買ったらもっと割高になるし、15ml分を集中して人差し指に使えば
多少は早く回復するんじゃないかと期待。
スパリチュアルはボトルと箱デザインがエコ&ビューティーな感じで好き。
なんとなくalimaと近い雰囲気に見えますな。
2013-03-17 : Nail : コメント : 0 :


フリーエッジがばっきりいった爪、現在の様子。
先端半分ほどにやや残っているように見えますが、ここフリーエッジじゃありません。
ハイポニが下にいるのでさっぱり切れないという。半端なハイポニだなくそー!
その上に、もにゃもにゃと白い部分がありますが、ジェルでぼろぼろになった表面を
削ったので多分そのせいです。短い爪だとすげー指が短く見える…。

  
Hare Polish : Golden Years (1coat)
CND : Midnight Sapphire (1coat)

いつもなら3~4枚の写真をもう少し縮小した上でフォトショ使って
合体させて1枚にしてますが、今日は写真でかいままです。
フィルターかけてシャープ加工してもグリッターがちゃんと見えなかったんで、
そのままででんと貼ってます。グリッターを見るためにはこのサイズが限界。
日光下だとフォトショで色調を調整しなくてもちゃんと実物どおり、
でなくてもかなり近く写ってくれるのがいいやね。今回も調整してません。
一眼レフとかもっとハイスペックなのだったらもっとマクロも綺麗に
撮れるのかもしれないが、そこまでは求めないので今のカメラで充分です。
それに片手で持ってシャッター押すんで、あんな厳ついカメラ絶対操作できん(笑)。

Golden Yearsをボトルて見る色そのまま出したかったので、
何色をベースにするかで少し悩みましたが、Midnight Sapphireで正解だったかと。
ちなみにGYのジェリーもネイビーですが、MSよりティール寄りで微妙に違う色です。
にしてもGY、1度塗りでこのぎっしり感てすげーなとびっくりした(笑)。
写真のサイズならちゃんと複数の色のグリッターが分かるんですが、ぱっと見だと
“黄緑っぽいグリッターぎっしり”にしか見えないのが惜しい。
多分四角いグリッターがもうちょっとはっきりした緑だったら違ったかも。
でも綺麗なので気に入ってます。黄色~緑系メインなので肌から浮かずに済んだし。

インディーズのグリッターどっちゃり色をよく観察してると、
仕上がりを左右するのはメインとなるデカいグリッターよりも、
サブとなる小さなグリッターやシマーの組み合わせの方だと思う。
この色の合わせ方は好き。特に青が入ってるのがポイントになってる。
他の小さなグリッターは、デカいのと同じ色と偏光系も入ってるっぽい。
ちなみに公式では↓こんな説明です。
A semi-sheer navy blue jelly packed full of gold glitter in
squares and hexes in all kinds of sizes, mysterious iridescent blue glitter,
navy blue hexes and delicate gold flecks.


CNDが塗りやすい!と思う理由、
液質がいいのは言うまでもないけどハケも一因じゃないかと思った。
穂先が他社に比べてあんまり広がらんのです。毛質が硬めなのかな。
だから軟性素材のヘラみたいな感じで、根元のラインが作りやすい。
でもZOYAみたいに広い面積が塗りづらいわけでもないんで、オールラウンダーだな(笑)。
サイズ的にはNubarのに近いですが、比べるとやっぱりCNDの方が硬いかも。
2013-03-17 : Nail : コメント : 2 :

花粉症なので、アレグラを飲んでるんですが・・・。
今年はどーも1日1錠では足りないようです。いつも1錠で平気なんだがなあ。
つーか最近市販薬で、医薬品のアレグラと同じものが売り出してるのね!
値段みたら、初診代+診察代+交通費+夜間料金+薬代より俄然安上がりじゃん。
楽天ケンコーコムで買おう。ちょっとでもポイントで還元される方がいい。

ザ・エクスペンダブルズ1と2を観た。1より2の方が好き。

続きを読む

2013-03-13 : Other : コメント : 0 :

ネイル業界の春夏トレンドはテクスチャー系なようで。
砂っぽいのとか革っぽいのとか多少のバリエは見かけるものの、興味ねーや。
私は若干Tライポフォビアの傾向があるので…ブリオン敷き詰めとか生理的にダメ。
スワロ敷き詰めについては、スワロの形やサイズに変化があれば平気ですが。
やっぱり表面がつるりんつややかで、余計なでっぱりがないネイルが一番だ。

Harlow&Co.からブツ到着ー♪
この店の存在は大分前から知っていたものの、その時買いたいものが
揃っていないことが多くて、利用するのは今回が初。
今回利用したのはKB-Shimmerの新色が買えるのがここくらいしかなかったこと、
「あ、これも欲しい」と思う物全ての在庫が 珍 し く 揃っていた(笑)から。
50ドル以上の買い物ならここが一番いい。何せ50ドル以上で送料無料なんでね!

買ったもん。


グリッター色3つのマクロ写真。

インディーズのグリッターどっちゃり系の青って、あまり趣味じゃないものが多いんですが、
KB-ShimmerのI Got A Crush On Blueはいいなあと思った。真夏に使いたい。
深い青の中に、浮く&透ける&輝く様が凄く綺麗です。
LaylaのCeramic54も買ったんだが写真に入れるの忘れた…。
にしても緑祭りですねーまあひとつ青がありますけど。
意識して緑ったわけではなく、欲しい!と思うものを選んだ結果です。

KB-Shimmerのロゴ、ラベル貼り付けじゃなくてボトル本体に印刷されてる。凝ってるなあ。
こんなとこに金かけなくてもいいんじゃね?とか思いましたが(笑)。
ちなみに今まで買ったインディーズの中で、ボトル・ラベル・サイトなどの
全体的なイメージが一番好みなのはだんとつでCIRQUEです。
あのクール&スタイリッシュさ、たまらん!ラベルをわざと角に貼ってるのもニクいわ!
お値段も13ドル以上と、かなり高めなんだけどさ・・・(涙)!
2013-03-10 : Nail : コメント : 4 :

ひっさびさに「気に入った&肌に合った!」というコスメ発見。
年末くらいから乾燥が酷くてガッサガサ、あちこちにニキビができて
肌調子が最悪でした。要するに乾燥がニキビの原因。
さらに唇には小さな水泡が一面に発生。タラコの粒みたいな水泡が出来て
ビリビリ痛痒いこの症状、数年前にも発生して皮膚科に行きましたが、
ヘルペスではなく、何らかのアレルギー症状だといわれました。
花粉の時期でもないのに結膜にアレルギー症状でたことあるし、
私にとっては「またか…」程度の感覚ですが、苦痛なのは変わりない。
というわけで極力シンプル成分な化粧水を使ってみても一向によくならず。
ガサガサ乾燥するとセットでニキビが出る。つまり乾燥の改善が一番大事。

続きを読む

2013-03-10 : Skin Care : コメント : 0 :

ハードジェルをのせていた左人差し指の爪がバッキリ逝きました。

・・・・ぬぉおおー!!!
やっぱジェルなんかやるんじゃなかったー!! ・゚・(ノД`;)・゚・

勿論新たにのせることはしてないので、
前にのせていたジェルが爪半分くらいに残っているだけです。
サンディングでペラくなったから一応ベース分厚くぬるとか多少のことは
してましたが、ストレスポイントにびしっとヒビ→半分くらいまで一気に割れた。
ここまでくるとグラスシートで補強してもまず負荷に耐えられない。
それに何より、久々に開けたらネイルグルーが糸引いてて使い物にならず。
どうせ残ってる爪も表面傷だらけだからもういい!と切りました。
フリーエッジ皆無な爪なんて何年ぶりだろう・・・。

仕方ないのでこの指だけチップ装着です。
元の長さに戻るまで2ヶ月くらいかかるなーちくしょー・・・。

関係ないがテルマエロマエ観た。前半面白かったのに後半つまらんのが残念。
原作しらんけど、あんなラブロマンス的要素いらないと思う。
でも阿部 寛はやっぱいいわー!!
アンティークやお水の花道の時も爆笑しましたが、
当人(役柄)はしごく真面目なんだけど、見ているほうからすると笑える、
という役どころがうまい。容姿&声とのギャップがステキだ!
はい、わたくしああいう濃い顔と重低音声の渋いオッサンが大好きです。
…え?最近流行のオトメン?きれお?そんなもやしには興味ないない(笑)。
2013-03-03 : Nail : コメント : 2 :


DDPの↑これ(Angel Of God)をどう使えば一番いいかなーと実験。
Angel Of Godを主役として引き立たせつつ、全体の統一感を得るのが目的です。
黒の上に塗れば勿論映えるけど、それだと統一感がない。このへんは好みの問題。
Angel Of Godは、クリアベースに、ゴールドグリッターと、
マットな赤のでかいグリッター(ヘキサゴン&スクエア)入り。


左:Konad Wine Red + OPI Can You Tapas This?
Konad Wine Redは、まんまKonadのスタンプ用のラッカーです(笑)。
なんですが、ふつーに綺麗なジェリーで、スタンプ向きじゃなくてさー。
単体だとEssie Skirting the Issueの青みを抜いたようなダークレッドです。
チップ裏からCan You Tapas This?を中央に塗ってます。
チップの端あたりが赤に透けてますが、そこはCan You Tapas This?を塗っていない部分。
個人的にはこの組み合わせが一番いいかな、と思います。

中:Essie Skirting the Issue
ワイン色。一度塗りなせいか、思ったよりスケスケ。
青みが強く、Warm系なAngel Of Godのグリッターの色と合わない。

右:OPI Royal Rajah Ruby
全体の色としてはいいけど、シマーが邪魔。
Angel Of Godのゴールドグリッターが引き立たない。

塗っているチップはこのスクエア型カラーチャートです。
以前、カラーチャートを作ろうと思って買ったけど、
考えてみればチャートを作るためには、まだ自分が爪に使っていない
ものも全部開封しなければなりません。それが嫌で結局作らずじまい(笑)。
結局、このカラーチャートは単なる試し塗りの場所となってます。

どうやらこのカラーチャート、素材がPP(ポリプロピレン)のようで。
完全な透明ではなく半透明で、やや柔軟性があります。
注射器のシリンジとか、100均でよく見る小物ケースとか、あの素材です。
アセトンやラッカーでは溶けないので、ガンガン使えてそれはいい。
いいんですが、ちょっとチップ部分を指で持って力を入れると、
チップの薄い部分がくにゃっと曲がり、塗った部分がパカっと綺麗にはがれます(笑)。


面白くてパカパカ取った(笑)。全然チップ表面も溶けてませんよ。
特に上からセシェ塗ると硬くなってるせいか、いとも簡単にパカっといきます。
試し塗り=保存するつもりもない私みたいなタイプにはもってこいです。
2013-03-03 : Nail : コメント : 2 :


Girly Bits Fathomless

ハンドメイド系のインディーズラッカーで単色塗りしたのって多分これが初です。
下にベース色があって、しかも上から塗るのがグリッターどっちゃり系だと
盛るように塗ればいいし、ムラになっていたとしても見えないので気になりません。
が、こういう色はやはりそうはいかず。非常に難しい。
唯一良い点を上げるとしたら、片栗粉のとろみ的なもちゃもちゃっぷりなので、
根元のラインを作りやすいってとこでしょうか。盛り盛りすればいいんで。

この手のハンドメイド系はベース液の性質上、トップコートなしだと貧乏ったらしい
マットな仕上がりです。膜張ってる?みたいな。決してかっこいい意味のマットじゃない。
でもねトップコートをかけると 激 変 します。いやー実に美しい!!
塗りづらくたっていい!高くたっていい!この仕上がりを見たら全部許す(笑)!
むしろ塗りづらくてイラっていただけに、仕上がりが綺麗だとすごく感動します。

ダークなティールグリーンのジェリーベース。
写真だと黒ベースに見えますが、実際の色はちゃんとティールグリーンです。
シマーは微妙に黄緑~青緑に変化します。ただのグリーンメタリックじゃありません。
ちらちらときらめく様が凄く綺麗です。二度塗りでフリーエッジが隠れ、
なおかつジェリーの透明感は残したちょうどいい仕上がり。
シマーがでかくないからセシェ一度塗りでいいかと思ったんですが、
意外と凹凸が浮き上がってきたので、gelous+セシェを各1にしました。
gelousって、それ自体の液はセシェみたいに厚みがないんですが、
なぜかセシェ2回より、gelous&セシェ、のほうが仕上がりがつるんとなります。
液体のもったり度合いなら、間違いなくNPBのGlitter Foodの圧勝なんですがね。
gelousかGlitter Food、どっちかがあればいいかな。
私は比べてみたくて両方買いましたが(笑)。
2013-03-02 : Nail : コメント : 2 :
ホーム

Profile

About Me : Shiki
My Blog : Sukihoudai


HN:シイキ
管理人&ブログ&ツイッターについてはAbout Meのカテゴリのポストをご覧ください。ネイル写真は基本的に、オフする直前=塗ってから一週間後に撮っている為先端がハゲ気味です。

Other

ご自身のブログやサイトからのリンク及びリンク解除に関してはご自由にどうぞ。ただしアダルト系やフェチ系のサイトやブログからのリンクは断固お断りです。そっち系と思しきコメントは即削除してコメ禁&アク禁リスト行き。

Archive